白髪と薄毛とコラーゲンの関係が明らかになった話。

シェア

どうも今村亮です。いろいろ関係ないことばかりのブログですが、一応美容師です。

昨日のビックニュースはこれでした。

加齢による薄毛、コラーゲン減が要因 東京医科歯科大が解明  日本経済新聞

日本経済新聞
日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

東京歯科大学、北海道大学、金沢大学の共同研究で明らかになったそうです。

“年をとって毛が生えにくくなるのは、たんぱく質の一種のコラーゲンが減り、毛を生やす器官が縮小するため――。

研究成果は、米科学誌サイエンスに5日掲載される”

とのことです。コラーゲンの一種である17型コラーゲンが減少すると、毛包幹細胞という、細胞分裂を繰り返し毛になる細胞が毛にならず皮膚になってアカとなるそうです。


(久しぶりの絵ですね。いつもながらのクオリティ)

がんの放射線治療で髪が抜けてしまう患者さん、そしてそして、今や男性だけでなく多くの女性も気にされている薄毛。役に立つ日が待ち遠しいです。

プレスリリースをみると、なんと薄毛だけではなく白髪も抑制できると。

毛包幹細胞が色素幹細胞を維持する仕組みを解明 | 研究成果・プレスリリース | 国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所

毛包幹細胞が色素幹細胞を維持する仕組みを解明 | 研究成果・プレスリリース | 国立大学法人 東京医科歯科大学 難治疾患研究所
難治疾患研究所は、「難治疾患の学理と応用」を目的とした“難治疾患”を標榜するわが国唯一の国立大学法人附置研究所です。平成21年6月25日、文部科学大臣により全国共同利用・共同研究拠点「難治疾患共同研究拠点」に認定されました。

毛包幹細胞の中には色素幹細胞も含まれており、毛包幹細胞が萎縮してしまうと、毛の色素を作る色素幹細胞もなくなってしまうために、白髪になるようです。

ということは、前に書いたエントリの

紫外線を避けないといけない理由。

紫外線を避けないといけない理由。
紫外線のはなし どうも今村亮です。この季節の悩みというか、意外と知られていないようなのでかいてみました。 早速ですが、まずは紫外線が3種...

紫外線でコラーゲンがやられちゃうという話。ここにつながってくるわけです。なるほどですね。

ただ注意として、

コラーゲンを口から摂取すれば17型コラーゲンが増えるわけではありません。だから、コラーゲン鍋とか、サプリのコラーゲンがとか意味ないと思います。よろしくお願いします。

ヘアケアについて書いています。ご質問等あればLINEでメッセージ下さい。

ご予約は、LINEかコメント欄にてお願いします。

LINE ID 検索してください→ ryoimm

または、LINE@も友達登録していただくと情報発信しています。↓↓

Add Friend

ご予約に関して。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェア

フォロー

スポンサーリンク
スポンサーリンク